事例を見て学ぶ

  • HOME
  • 事例を見て学ぶ
  • 【ステークホルダーコミュニケーション】ステークホルダー ダイアログ:太平洋セメント2016

【ステークホルダーコミュニケーション】ステークホルダー ダイアログ:太平洋セメント2016

shd_taiheiyoucement_2016_ページ_1shd_taiheiyoucement_2016_ページ_2

 

【基本情報】

太平洋セメント株式会社

CSRレポート 2016

70ページ

2016年9月発行

 

【掲載内容】

・外部有識者と社長、CSR担当役員による対話レポート

・外部有識者からのCSR情報開示のあり方への評価と意見

・ダイアログレポートを読んだを従業員の声

 

 

【特長】

・自社のCSR情報の開示は、事業活動が環境・社会・経済へ与える影響についての説明責任を果たすものになっているのか、企業価値を伝達することによって、外部評価の向上につながっているのか、この目的を果たせているのかを検証するためのステークホルダーダイアログとなっている。

・ステークホルダーから求められている情報ニーズと、対応をめぐる課題について外部有識者と意見交換を行い、ダイアログの内容を社内イントラネットに公開して、全従業員での共有を図っている。

ページのトップへ