事例を見て学ぶ

【公正な事業慣行】事業活動におけるCSR バリューチェーン

fair_kokusai_2016

 

【基本情報】

国際石油開発帝石株式会社

サスティナビリティレポート2016

58ページ

2016年8月発行

 

【掲載内容】

・フェーズ1から5までの各段階にわけたバリューチェーンの全体図

・各段階における主な活動内容と主なステークホルダーの相関関係

・CSR面での主な配慮項目

 

【特長】

・事業活動のCSRの基本的な考え方は、事業活動における安全確保、環境保全、雇用の創出、人権への配慮、文化や習慣の尊重、地域社会への貢献などの社会的責任を果たすことが持続可能な社会づくりに貢献することと公表したうえで、自社のバリューチェーンの全体像を伝えている。

・フェーズ1から5までの各段階に分けたうえで、それぞれの段階での主な活動内容、関連するステークホルダー、関連の深いCSR重点テーマ、主な配慮項目の内容を記載し、バリューチェーンの全体像がわかりやすく伝えられている。

ページのトップへ