Q&A

  • HOME
  • Q&A
  • Q:GRIガイドラインとはどのようなものですか

Q:GRIガイドラインとはどのようなものですか

A:CSRレポート等のサステナビリティ報告のための信頼できる確かな枠組みを提供することを目的として定められたレポーティングガイドラインの一つで、GRI(Global Reporting Initiative)が発行しています。

2014年に発行されたG4は「報告原則および標準開示項目」と「実施マニュアル」の2部構成となっており、重要(マテリアル)な情報のみを提供するように促しています。その特定方法や影響が生じる場所(バウンダリー)の説明方法についての詳細な手引きが示されていることも特徴です。

2016年10月19日には最新の「GRI Standards(GRIスタンダード)」が発行されました。G4は「報告原則および標準開示項目」と「実施マニュアル」の2部構成でしたが、GRIスタンダードは、「モジュール化」方式を採用し、3冊の一般基準と33冊の特定基準の合計36冊から構成されています。一般基準は、参照する全ての企業が遵守するべき基準であり、一方特定基準は、参照する企業にとって重要(マテリアル)な項目のガイドラインのみを参照すればよいとしています。また、それぞれの基準には、義務的基準と推奨基準の2との段階があります。

G4からGRIスタンダード参照への切り替え期限は2018年7月1日までとされており、同日以降のレポート発行では、GRIスタンダードを参照する必要がある。

ページのトップへ