Q&A

  • HOME
  • Q&A
  • Q:CSVとはなんですか

Q:CSVとはなんですか

A:CSV(Creating Shared-Value)とは、「共通価値の創造」等と訳されます。企業にとっての価値と社会的にとっての価値を両立させて、企業が社会ニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的な価値も創造されることを目指す概念のことです。CSVは企業にとって負担になるものではなく、社会的な課題を自社の価値や強みで解決することによって、企業の持続的な発展へと繋げていくものであり、「戦略的CSR」「本業でのCSR」とも言われています。

2011年にCSVを提唱したハーバードビジネススクールのマイケル・E・ポーター教授によると、社会問題の解決と企業の競争力向上の両立を目指す取り組みには、次の3つの方向性があると説明されています。

1.社会問題を解決する製品・サービスの提供

2.バリューチェーンの競争力強化と社会への貢献の両立

3.事業展開地域での競争力基盤強化と地域への貢献の両立

ページのトップへ